CP+2017

今日はCP+2017(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)へ行ってきました。
昔のカメラショーです。以前は毎年行っていたのですが久しぶりの参加です。
当時は幕張メッセだったような気がしますが、今年はパシフィコ横浜です。インターネットで事前登録して入場券と引き換えます。(事前登録すると無料です)
d0353447_20010875.jpg
入り口

入り口は一番奥、ずーっと歩いて行きます。一番手前を入り口にすると混雑したとき人の列がクイーンズスクエアの方まで並んでしまうので仕方がない所です。展示場の裏を回らないといけない事もあるのでOKです。でも、全然並んでいませんでした。(午前11時前)

お目当ては SONY のブースです。
広角系のレンズが欲しいので事前に確かめさせてもらおうという考えです。
16-35mm F4のズームか 28mm F2 辺りの感じを確認。
だったのですがカウンターへ行ったら生憎と出払っていました。
仕方がないので出直し。他を廻って見る事に。
愛機はミラーレスのα7です。バスケをしている所を撮影できるデモエリアがありました。そこにミラー有りのα99で 16-35mm F2.8 を付けたセットが有ったので覗いて見ました。フォーカスを合わせる時、わずかですがレンズが振動します。かなり高頻度に。シャッターの感じもチョット違和感が有ります。手に馴染んだ感触とは異なる感じです。
モデルさんを撮影できるエリアでは順番待ちの人の列が出来ていました。(持ち込み機材使用不可)

取り敢えず ZEISS のブースへ行きました。
お目当ては 21mm F2.8 と 25mm F2 です。 21mm の方はマニュアルのレンズです。ので小さい。ピント合わせもスムーズで遊びの無い動きで手に馴染む感じです。絞りの値がファインダーで確認できます。凄くいい感じです。25mm はオートのレンズで焦点距離と被写界深度がデジタルで表示されます。斬新なスタイルです。しかもこちらの方が低価格。何故?。説明のお姉さんと隣で話していた人が最近買ったと言っていました。その人が去った後、お姉さんにマニュアルの方が好きですと言ったら私もですと言っていました。
d0353447_20014481.jpg
21mm F2.8を付けたα7

実は ZEISS のブースでもう一つ面白いものを見つけました。iPhone 用のアダプターレンズです。
アダプターレンズは多くのメーカーから出ていますが、さすが ZEISS のは性能が違うといった感じです。直線が直線に写ります。(もしアダプタレンズをお持ちなら試して見てください。大抵は直線が曲がって写ると思います)
3種類有ったのですが驚いたのはマクロレンズが有る事です。焦点距離が可変なのでチョット違う感じですが、何しろレンズフード(透明)の縁の位置で写ります。レンズを紙にくっつけると紙にかかれた文字が写せる感じです。(試していません)
d0353447_20021355.jpg
iPhone 用マクロレンズ

次に Adobe のブースへ行きました。
d0353447_20024278.jpg
Adobe のブース


アンケートに答えてクッションポーチをもらいました。
d0353447_20044000.jpg
クッションポーチ

Adobe のお姉さんに CC でも5年使えば CS(もう売っていません)と同じぐらいの費用ですよと言われました。一番使う Illustrator とかだけなら結構安く済みますよと薦められましたが、お姉さんも個人的には CS を使っているらしい……。
でも、そろそろ買い替えかな。(アカデミックが使える内に)

後は天体望遠鏡のメーカーが結構出店していました。
d0353447_20050796.jpg
天体写真は機材にお金がかかりそう

昔、天体写真はフィルムの感度が増感しても ISO1600 ……粒子が荒れて星だか何だか判らなくなりそうな上にモータードライブで追跡しなければならなかったのが、今や高感度のセンサーのおかげで大分楽になったと思うのですが……。

後、ハッセルブラッドに寄って見ました。高価過ぎてこの世のものとは思えないね。











[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by 1969Kanazawa | 2017-02-24 12:00 | ハードウェア | Comments(0)

一番信頼している、大切な人からもらいました


by moz.69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30